イギリス雑誌*

卵胞期に飲むと効果的?プエラリアミリフィカ

女性にとって、女性らしくいるために必要不可欠な栄養素といえば、女性ホルモンです。
女性ホルモンは、年齢とともに減少してしまう成分です。
20代がピークといわれ、30代頃から徐々に減少していきます。

そのため30代頃から、お肌が荒れたり肌のハリがなくなってきてしまいます。
さらにシワやたるみができやすくなり、老けた印象になってしまいます。
そこで老化現象をおさえる働きがあるのが女性ホルモンに似た働きをするプエラリアミリフィカです。

これは、タイやミャンマーの山岳地でなければとることができない貴重な植物です。
タイではプエラリアミリフィカ自体をそのまま輸出することが禁じられています。
なのでタイで収穫して加工したものしか輸入ができません。

そんなプエラリアミリフィカの特徴は女性ホルモンに似た働きがあるということです。
女性ホルモンには二種類あり、それぞれ特徴が異なります。
一つ目は卵胞期に分泌が活発になるエストロゲンです。

そしてもう一つは黄体期に活発になるプロゲスロンです。
この二つの女性ホルモンのバランスが保たれていることが大事です。
特にエストロゲンに関しては、肌や髪の保湿や細胞の活性化にとても効果的です。

プエラリアミリフィカには、植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれていて、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。
なのでエストロゲンの分泌が活発になる卵胞期に飲むとより効果が期待できます。
卵胞期とは、月経の終わりごろから排卵されるまでの時期を指します。

期間的には7日間と短い期間です。
基礎体温などを測っている人は、体温によって予測し摂取するようにしましょう。
特に生理中は、エストロゲンの分泌が減少している時期に当たるので、摂取してもあまり効果は期待できません。
プエラリアミリフィカはとても希少価値が高く、高価なものなのでより効果が期待できるときに積極的に摂取しましょう。

Copyright(C) 2013 女性には欠かす事が出来ない事 All Rights Reserved.