イギリス雑誌*

未成年・妊婦にプエラリアミリフィカは危険

女性にとってバストは年齢に関係なく悩みをかかています。
年代のよっても人によっても、バストの悩みは異なります。
バスト悩みで一番いのがバストの大きさです。

バストが小さい人は、コンプレックスを感じて自分自身に自信が持てなくなる人も多いです。
そんな悩みをかかえる人にとって、バストアップはコンプレックスから解放されるとても重要なことです。
バストアップに関する商品が開発され、発売されています。

中でも簡単にバストアップすることができるサプリメントがとても話題になっています
バストアップサプリメントの中でも、プエラリアミリフィカは効果が高いことで認められています。
プエラリアミリフィカは、女性ホルモンに似た植物性エストロゲンイソフラボンが豊富に含まれていることが分かっています。

その量は大豆のイソフラボンに比べて40倍もの効果があるといわれています。
効果が高い分、どうしても気になってしまうのが副作用の心配です。
効果が高い物ほどそうしてもリスクが高くなってしまいます。

一番気をつけなければいけないのが、女性ホルモンの分泌が不安定な時です。
女性の場合は、妊娠している時や授乳時期には生理が来なくなり、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなっています。
その時に過剰に女性ホルモンを摂取してしまうと、胎児や新生児に何かしらの影響を与えてしまう可能性が高くなります。

さらに妊娠中や授乳中に服用したというデーターも少ないため、安全性は全く保障されていません。
また未成年の摂取もお勧めできません。
それは未成年のときには女性ホルモンが活発に働いている状態です。

成長期の時期なので女性ホルモンの分泌はとても重要です。
その時にプエラリアミリフィカを摂取すればより成長が進むのではと勘違いしがちです。
しかしプエラリアミリフィカには、女性ホルモンが過剰に分泌されると女性ホルモンを抑制する働きがあります。

なので女性ホルモンの分泌をおさえてしまい成長の妨げとなってしまう可能性が高いです。
プエラリアミリフィカは、女性ホルモンが減少して老化現象を感じる世代にとても効果的な成分だといえます。
バストアップだけでなく、更年期障害のアイゼンやアンチエイジングにもとても効果があります。

Copyright(C) 2013 女性には欠かす事が出来ない事 All Rights Reserved.