イギリス雑誌*

女性ホルモンが十分な人が飲むと?プエラリアミリフィカ

人間の体には性別には関係なく、女性ホルモンと男性ホルモンの両方を持っています。
ただし男性の場合は男性ホルモンの比重が多く、女性の場合は、女性ホルモンの比率が高くなっています。
これによって男性は、ひげが生えたり、筋肉がつきやすいなど男性らし体に近づきます。

それに対して女性の場合は、脂肪がつきやすく、バストが豊かになったり、無駄毛が薄くなったり女性らしい体に近づきます。
見た目以外にも男性の場合は精巣に、女性の場合は子宮の働きなどにもホルモンバランスは関係してきます。
それぞれのホルモン分泌が活発になることで、生殖機能が向上していきます。

ただしホルモンバランス、年齢を積み重ねるごとに減少してしまう傾向があります。
なので年齢を重ねていくごとに女性ホルモンを補うことで、老化現象を抑制して若々しい状態を保つことができます。
そんな女性ホルモンを補うために効果的な成分として、プエラリアミリフィカが注目されています。

プエラリアミリフィカには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
同じくカがる大豆イソフラボンに比べて40倍もの女性ホルモンの含有量があることが分かり注目されています。
特にバストアップに効果があることが認められ、バストに悩む女性にとってはとてもうれしい効果だといえます。

しかしこのプエラリアミリフィカは女性ホルモンが豊富に含まれて過ぎていることから、摂取を控えるべき人がいます。
それは妊婦や授乳中の女性や10代の女性の摂取です。
中でも10代の女性の中ではバストに悩みを抱える人が多いです。

しかし女性ホルモンの分泌が十分足りている年代が摂取するとっても危険な要素が多いです。
まず一番多い症状としては、ホルモンの過剰分泌によって生理が来なくなってしまうということです。
生理が来なくなってしまうと、体内の女性ホルモンのバランスがどんどん崩れてしまい悪循環になってしまいます。

そして女性ホルモンの分泌が過剰の状態が続くと、女性特有の子宮がんや乳癌のリスクが高まります。
また副作用として吐き気などを起こしてしまい、体調不良になってしまう場合があります。
プエラリアミリフィカが注目されている理由は効果が高い分、女性ホルモンの分泌が著しく減少している年代に適している成分だということがいえます。

Copyright(C) 2013 女性には欠かす事が出来ない事 All Rights Reserved.